ヴァイオリニスト 横山千晶のホームページ

横山千晶
HOME SCHEDULE SCHEDULE ブログ
   




 

mille baisers(ミルベゼ)は、2013年に結成された
横山千晶(ヴァイオリン)と小久保徳道(ギター)のデュオ。

mille baisersとはフランス語で大切な人へ手紙などで使う
【心を込めて】という意味合いの言葉。
その名の通り心を込めて独自の曲世界を色彩豊かに表現している。
2014年にはフランスとオランダに渡りライブを行う。
また、2人の憧れのミュージシャンたちに会い交流を深め多くの刺激を受けて帰国。

これまでに5枚のオリジナルアルバムをリリース。

2018年12月、ハクジュホールにて2人の最も尊敬するアーティストMARC BERTHOUMIEUXをゲストに迎えたミルベゼ初ホールワンマンライブを成功させた。

2019年、『酒場音楽プロジェクト』を始動。日本に酒場音楽の文化を広めるため都内を中心に全国各地の飲食店で演奏活動を行う。

 






 

 



横山 千晶 (Chiaki Yokoyama)

1989年7月21日生まれ
かに座
AB型

3歳よりバイオリンを始め、吉田浩子、鶴谷紀子、佐藤明美各氏に師事しクラシックを学ぶ。19歳より国立音楽院にてジャズを学ぶ。岩谷耕資郎氏に師事。

その後、フリーランスのヴァイオリン奏者としてクラシック、ジャズ、ポップスをベースに自然体で躍動感あふれた演奏活動を行う。

2013年に韓国で開催されたJAZZ SUMMER SCHOOLをきっかけにギタリスト 小久保徳道とmille baisers(ミルベゼ)を結成。

現在は都内を中心にライブ活動やアーティストのサポート、レコーディングなどジャンルを問わず多方面に参加している。

横山千晶ブログ

   
 








小久保 徳道 (Norimichi Kokubo)

ジャズを中心に様々なジャンルの音楽を学んだ後、ニューヨーク、ソウル、パリ等に渡り、ライブやミュージックフェスティバルに多数参加。

ブラジルのアーティストにも影響を受け、ブラジル音楽にも傾倒する。
近年では、韓国で行われているオランダ人ミュージシャン主催のジャズサマースクールに参加する等、インターナショナルな活動を展開中。

ライブ・ツアー演奏・レコーデイング・ミュージカル・楽曲制作の他、
映像やアロマテラピー等、様々なジャンルのイベント企画にも携わりコラボレーションを実現させている。

小久保徳道ブログ
   
     



   
 
copyright(c) 2012-2019 mille baisers, all rights reserved.